靴底とヒールの修理

靴の修理は早めにした方が靴が長持ちします。舗装道路は靴底が傷みやすく、歩き癖が靴底をアンバランスに減らします。バランスが悪いとますます靴底は減りやすくなりますので、早めの修理が必要となります。特に、ヒール部分は片側が減りやすくなり歩くと音がし始め、滑りやすくなるので大変危険です。

ヒール女性のパンプスは、道路との接地面が少ないため、つま先とヒール部分のみに力がかかり、特にすり減りやすくなります。特にヒール部分では、ゴムがすべてすり減ると金属部分が露出して、カンカンという金属の音がするようになります。この金属が露出したら、できるだけ早く修理をするようにします。金属もすり減るとヒールの高さを低くしなければならなくなり、場合によってはヒールそのものを交換しなければならなくなります。金属が露出する前に修理をすれば、購入時の高さのまま、靴のバランスも保たれ歩き方への影響も少なくなります。

男性のビジネスシューズやウォーキングシューズも、靴底を交換することができます。歩き癖で靴底が斜めに磨り減ることがありますが、こういった場合も新しい靴底に付け替えることが可能です。磨り減った本体を斜めに削って、斜めに形成した新しい靴底を貼り付けます。スニーカーのように靴底が一体化したものは、靴底をすべて張り替えることになります。

《関連HP》靴修理|靴専科のサービス|靴専科