靴底とヒールの修理

靴の修理は早めにした方が靴が長持ちします。舗装道路は靴底が傷みやすく、歩き癖が靴底をアンバランスに減らします。バランスが悪いとますます靴底は減りやすくなりますので、早めの修理が必要となります。特に、ヒール部分は片側が減りやすくなり歩くと音がし始め、滑りやすくなるので大変危険です。

ヒール女性のパンプスは、道路との接地面が少ないため、つま先とヒール部分のみに力がかかり、特にすり減りやすくなります。特にヒール部分では、ゴムがすべてすり減ると金属部分が露出して、カンカンという金属の音がするようになります。この金属が露出したら、できるだけ早く修理をするようにします。金属もすり減るとヒールの高さを低くしなければならなくなり、場合によってはヒールそのものを交換しなければならなくなります。金属が露出する前に修理をすれば、購入時の高さのまま、靴のバランスも保たれ歩き方への影響も少なくなります。

男性のビジネスシューズやウォーキングシューズも、靴底を交換することができます。歩き癖で靴底が斜めに磨り減ることがありますが、こういった場合も新しい靴底に付け替えることが可能です。磨り減った本体を斜めに削って、斜めに形成した新しい靴底を貼り付けます。スニーカーのように靴底が一体化したものは、靴底をすべて張り替えることになります。

《関連HP》靴修理|靴専科のサービス|靴専科

靴のサイズを狭くする

パンプスが脱げる、足に合っていないという悩みも多くあります。パンプスがサンダルのようにかぱかぱとなって歩きにくい、脱げそうになることもあります。かかとが緩く歩きにくいのでかかとにパッドを入れる人もいますが、あまり改善されません。踵から爪先までの長さ、足長が大きかったのではなく、足の幅のサイズが合っていないのです。足長のサイズの小さいものを選んでも脱げやすいのは変わりません。このような場合はどうやってサイズ調整をすれば良いのでしょうか。

赤いハイヒール靴の中で足がすべって前にずれると指が曲がるハンマートゥになったり、靴擦れが起こるなど、足のトラブルの原因になります。この場合は、靴幅が狭くなるように靴の調整をします。靴の中にインソールを入れることで解決します。インソールには安定感のある高反発パッドやジェル状のものもあります。足裏が安定すると足の指が使いやすくなり、パンプスの中でもしっかりと地面をとらえることができます。

インソールは底に置くだけのものもあれば、中敷を外して中敷の中に入れ込む、中敷そのものを交換することもあります。インソールはドラッグストアやネット通販でも手軽に購入できますが、微妙な調整が必要なこともあります。専門店では、足の形に合わせたインソールを特注することもできます。次は靴底とヒールの修理について紹介します。

靴のサイズを広げる

幅の狭い靴はそれだけで痛みを感じます。幅の狭い靴をそのうち皮が伸びるからと無理に履いている人がいますが、外反母趾やタコやマメができるなど足のトラブルの元です。スニーカーやウォーキングシューズのような歩き回るタイプの靴は特に注意します。幅が狭いと感じたら早めに幅を広くする調整をします。幅を広くするサイズ調整はそれほど難しくありません。

靴横幅を広げる調整のことを「幅だし」といいます。全体的に広げる調整も、足指の当たる部分だけを出す調整も靴の修理をしているショップで簡単にできます。このような幅出しは素材によってはあまり出せないことも、全くできない場合もあります。本革の場合は無理なくできます。サンダルのような足を覆う部分が少ない靴も、ブーツのような深さのあるものも本革であれば幅出しは可能です。合成皮革やビニールでは足指の当たる一部分だけならできる場合がありますが全体を伸ばすことはほとんどできません。

自宅でじっくり伸ばしたい場合は、シューズに装着するシューストレッチャーというものがあります。靴にはめ込むだけで幅出しをすることができます。皮を柔らかくするスプレーを使えば、より早く幅出しをすることができます。シューストレッチャーはパンプスやビジネスシューズには使えますが、ブーツのような深さのある靴には使えません。次は、靴のサイズを狭くする方法について紹介します。

靴修理について

ファスナーお気に入りの靴は出番が多いので、どうしても傷みやすくなります。階段やマンホール、道路の段差などでヒールを傷つけてしまうことは少なくありません。ブーツなどのファスナーも、無理に引っ張ってしまったり、経年劣化による摩耗で上がらなくなってしまうことがあります。サンダルのストラップが伸びてフィットしなくなったり、ついている金具が外れることもあります。すべり口と呼ばれる足を入れるかかと部分の革が磨耗したり、破れることもよくあります。

基本的に、靴は接着剤でつけている以外は、針と糸で縫ってあるものですから、パーツごとに修理が可能です。靴修理はできないことがありません。靴修理は、専門店で数十分でできる手軽なものから、数日かかる大掛かりなものまであり、料金も千円程度でできるものから、数千円かかるものまでさまざまです。

経年劣化とは別に、靴を買ってすぐ、あるいは歩き回っている間に起こるトラブルもあります。サイズが合わない、サイズが変化するケースです。店頭で見て試し履きもしっかりして買ったけれど、なんとなく足に合わない、きつい、脱げやすく歩きにくい、親指の付け根が当たる、というトラブルです。その時に履いていた靴下の厚みや、購入した時間帯によって足の大きさが違ってきます。そのため、購入した時と実際に履く時の状況の違いで、歩きづらさや痛みを感じることがあります。履いている間にも革が伸びたり、歩き癖でサイズや靴自体に変化が現れます。そのような時、どのように対処すれば良いのかご紹介します。まずは、靴のサイズを広げる方法についてです。