靴のサイズを狭くする

パンプスが脱げる、足に合っていないという悩みも多くあります。パンプスがサンダルのようにかぱかぱとなって歩きにくい、脱げそうになることもあります。かかとが緩く歩きにくいのでかかとにパッドを入れる人もいますが、あまり改善されません。踵から爪先までの長さ、足長が大きかったのではなく、足の幅のサイズが合っていないのです。足長のサイズの小さいものを選んでも脱げやすいのは変わりません。このような場合はどうやってサイズ調整をすれば良いのでしょうか。

赤いハイヒール靴の中で足がすべって前にずれると指が曲がるハンマートゥになったり、靴擦れが起こるなど、足のトラブルの原因になります。この場合は、靴幅が狭くなるように靴の調整をします。靴の中にインソールを入れることで解決します。インソールには安定感のある高反発パッドやジェル状のものもあります。足裏が安定すると足の指が使いやすくなり、パンプスの中でもしっかりと地面をとらえることができます。

インソールは底に置くだけのものもあれば、中敷を外して中敷の中に入れ込む、中敷そのものを交換することもあります。インソールはドラッグストアやネット通販でも手軽に購入できますが、微妙な調整が必要なこともあります。専門店では、足の形に合わせたインソールを特注することもできます。次は靴底とヒールの修理について紹介します。