靴のサイズを広げる

幅の狭い靴はそれだけで痛みを感じます。幅の狭い靴をそのうち皮が伸びるからと無理に履いている人がいますが、外反母趾やタコやマメができるなど足のトラブルの元です。スニーカーやウォーキングシューズのような歩き回るタイプの靴は特に注意します。幅が狭いと感じたら早めに幅を広くする調整をします。幅を広くするサイズ調整はそれほど難しくありません。

靴横幅を広げる調整のことを「幅だし」といいます。全体的に広げる調整も、足指の当たる部分だけを出す調整も靴の修理をしているショップで簡単にできます。このような幅出しは素材によってはあまり出せないことも、全くできない場合もあります。本革の場合は無理なくできます。サンダルのような足を覆う部分が少ない靴も、ブーツのような深さのあるものも本革であれば幅出しは可能です。合成皮革やビニールでは足指の当たる一部分だけならできる場合がありますが全体を伸ばすことはほとんどできません。

自宅でじっくり伸ばしたい場合は、シューズに装着するシューストレッチャーというものがあります。靴にはめ込むだけで幅出しをすることができます。皮を柔らかくするスプレーを使えば、より早く幅出しをすることができます。シューストレッチャーはパンプスやビジネスシューズには使えますが、ブーツのような深さのある靴には使えません。次は、靴のサイズを狭くする方法について紹介します。