ヒールの巻き直しや交換などの靴修理について

ヒールの摩耗や傷でお気に入りの靴が履けなくなってしまった時には、適切な靴修理を施すことで元の状態まで戻すことが可能です。ヒールに関する靴修理については巻き直しと交換の2種類があり、破損状態によって適切な修理方法を選ぶことが必要になります。ここでは、具体的な修理方法や専門の修理業者へ依頼した時にかかる料金について説明しています。また、自分で靴修理をする方法についても触れているので参考にして下さい。

 

ヒールの巻き直し修理とは?

ヒールはその高さが高ければ高いほど歩く際にあちこちにぶつかるため、傷が入りやすくなります。本体は何ともないのにヒールだけがボロボロになってしまった経験を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、ヒールの表面が汚くなってしまったからと言って靴ごと処分する必要はありません。こういった靴に最適な靴修理として、ヒールの巻き直しがあります。

これは、ヒールの表面が何らかの衝撃でめくれたり傷ついた時に行う靴修理の方法です。靴のヒールには本体のカラーに合わせた革がコーティングされており、表面が破損していても中身をそのまま再利用できるというメリットがあります。古くなった革を取り除き、新しいものを巻き直すことで新品同様の綺麗なヒールになります。修理の際には、一度本体からヒールを取り外してから巻き直しを行います。新しく巻く革については各自好きなものに変更することが可能で、素材や色など自由に選ぶことができます。そのため、元の状態を再現したい時だけでなく全く新しいデザインの靴に仕上げたい時にもおすすめです。

ヒールの巻き直しの手順で、まず最初に行うのはヒールの先端を保護するトップリフトと、ヒールの根元から先端まで全てを含むヒールブロックを本体から取り外す作業です。その後ヒールブロックから丁寧に革を取り外し、新しい革を切り出すための型を取ります。新しい革に接着剤を塗ったらヒールブロックに巻きつけるようにして張り、元のように本体に取り付けます。最後にヒールの先端にトップリフトを装着したら完成です。

 

ヒールの交換修理とは?

ヒールそのものが壊れて歩きにくくなったら、交換が必要になったという合図です。巻き直しのように表面の革のみを交換するのではなく、ヒールを丸ごと交換する靴修理を行います。この方法は、歩きすぎてヒールの底が削れた時だけでなく、折れた時にも有効です。元の高さに戻すことができるため、ヒールのトラブルで履けなくなってしまった靴も再生させることができます。ただし、巻き直しのように元のヒールの芯をそのまま再利用できない修理なので、ヒール交換を行う際にはその靴に適したヒールの芯を用意する必要があります。ヒール交換の手順としては、まず最初にヒールブロックを本体から丁寧に取り外します。ヒールは中敷を外した所にネジと釘でしっかり固定されており、外す際にはそれらを丁寧に引き抜かなければなりません。

また、接地面には接着剤が使用されているため両手でゆっくりと引き剥がすようにして分離させます。その後はヒールの巻き直しの時と同様に新しいヒールの芯に本体に合わせた革を巻き、元の位置に接着剤で仮どめをしてから新しいネジと釘で固定します。最後に、全体の高さに合わせるようにトップリフトを調整しながら取り付けて、全ての作業が終わりとなります。

 

業者に靴修理を依頼した時にかかる料金

お財布靴修理は、プロの職人がいる専門業者に依頼すると安心です。修理の種類によって料金が定められており、使われる素材のランクによっても料金は変動します。例えばヒールの巻き直しの場合、新しく巻き直す革の品質によって料金がかなり変わってくるのです。良質の革を使うのであれば、その分だけ料金が高くなることになります。

また、靴の状態によっては巻き直しだけでなく高さの調整が必要になることもあり、状態が悪ければ靴底全体の交換を勧められることも考えられます。そういった場合には巻き直し料金にプラスして靴底交換の費用がかかることから、その分高額になるという訳です。一方でヒールを丸ごと新しいものに交換する場合は、新しいヒールを用意してもらうことになるためその分の費用と手間で料金が高額になります。既製品のヒールの芯では合わないような奇抜なデザインの靴の場合、特注の費用が上乗せされて修理代が高くなることは必至です。どのくらいの費用が必要になるのか気になる場合には、事前に見積もりを依頼しておくようにします。靴修理の専門業者については、職業別に掲載された電話帳やインターネットなどで探すことができます。同じ修理であっても業者によって料金が異なることもあるため、複数の業者に見積もりを頼むなどして比較しておきましょう。

 

自分でヒール修理をする方法

靴修理の専門業者に依頼しなくても、簡単なヒール修理であれば自分で行うことができます。新しいヒールの芯とそれを巻くための革を揃え、修理の際に使用する道具や材料を用意します。具体的には、古いヒールを取り除くためのペンチや新しいヒールを取り付ける際に必要になるトンカチなどが挙げられます。その他、接着する時に使うネジや釘や接着剤も必要なアイテムです。

その他、高さの調節に欠かせない紙やすりも準備しておきます。ヒールや革については、靴の販売店やネット通販などで手に入ります。元々の靴の高さに合ったヒールでないと仕上がりがおかしくなるため、正確に測った上でぴったりのものを選ぶことが大事です。トップリフトのゴムについては、100円ショップなどで購入すれば節約になります。大まかな修理の流れとしては、本体からヒールを取り外した後で革を巻き直して再度接着するといった感じです。ただし、修理した後に履いてみて違和感を感じた時や修理の途中で上手く進まなくなった時には、無理せずプロの助けを借りた方が賢明です。

また、根元から複雑に折れてしまった場合や元々ヒールに巻かれている革が特殊な素材でできている場合など、素人による修理が困難なケースについても自力で何とかしようとせずにプロに依頼するようにしましょう。

長く履き続けるために

靴は、お手入れ次第で何年も履き続けることができるアイテムです。ヒール部分が少し壊れたからと言って捨てる必要はないのです。ヒール部分に問題があって履けないまま仕舞っている靴や、ヒールのせいで歩きにくくなってしまった靴があったら、是非修理をしてみて下さい。巻き直しや交換など、ヒールの状態に応じて修理方法が選べるので無駄がありません。